いま東京が暑い!!2018年7月猛暑の原因、いつまで暑さは続く?熱中症対策をしよう!

トレンド

ウェザーニューズより引用)

こんにちは。暑いですね。

特に太平洋側の東京や名古屋などの都市では、湿度やヒートアイランド現象(都市の中心部の気温が郊外に比べて島状に高くなる現象)により異常な暑さとなっています。

気象庁では気温30度以上を真夏日、35度以上を猛暑日としていますが、連日の気温は猛暑日。例年と比べても異常な暑さです。

今回はこの東京を中心とした猛暑はなぜ起きていて、いつまで続くのか、そして効果的な熱中症対策についても紹介します。

スポンサーリンク

2018年猛暑の原因は「ダブル高気圧」。

今夏の気圧配置の特徴

ウェザーニューズより引用)

今年の夏の猛暑の原因はズバリ「ダブル高気圧」

日本列島の周辺に「チベット高気圧」と「太平洋高気圧(小笠原気団)」の2種類の高気圧が発達。

高気圧な地域には下降気流(上空から地表近くへ向かう気流)が発生します。

それは、高気圧な地域は周辺の気圧の低い地域へ向かって流れるため、それを補うように上空から空気が流れ込むためです。

すると、上空の雲が消え日差しが強く差し込むわけです。

日差しと大気の圧縮で暑くなる。

NIKKEI STYLEより引用)

2つの高気圧「ダブル高気圧」が一挙に強まり重なり合うことでまるでひとつの巨大な高気圧のようになっているわけです。

今年の夏は、このダブル高気圧の影響で非常に暑いのです。

スポンサーリンク

今年の猛暑はいつまで続く?

【猛暑見解2018】猛暑はいつまで続く?“ダブル高気圧”の影響でピークは2度到来
 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、「猛暑見解2018」を発表しました。今夏の気温は、9月にかけて全国的に平年よりやや高い~高い傾向で、猛暑が続く予想です。先週から厳しい暑さが続いていますが、猛暑のピークは2回あり、今(〜7月いっぱい)と8月下旬~9月上旬とみています。これは、...

猛暑ピークは今(7月下旬)と8月下旬〜9月上旬とのこと。

8月になるとこの暑さはいったん治まるとの予想です。

スポンサーリンク

危険な猛暑。熱中症に注意しよう!

危険な猛暑。熱中症に注意しよう!

この連日の猛暑で熱中症で搬送される人もかなり増加しているようです。

これを機に、熱中症を正しく理解しておきましょう!

熱中症の症状をチェック!
  1. めまいや顔のほてり
  2. 筋肉痛や筋肉のけいれん
  3. 体のだるさや吐き気
  4. 汗のかきかたがおかしい
  5. 体温が高い、皮ふの異常
  6. 呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない
  7. 水分補給ができない

引用元:熱中症の症状 | 熱中症について学ぼう | 熱中症ゼロへ – 日本気象協会推進
https://www.netsuzero.jp/learning/le01

熱中症の度合いにもよりますが、初期の熱中症に大切なのは「水分」と「塩分」。熱中症対策にも大切です。

熱中症対策

  • 水分
  • 塩分

熱中症といえば経口補水液OS-1(オーエスワン)が有名ですが……。

上記ツイートの通り、熱中症予防にはポカリスエットが有効なようです。

また、薬剤師の方の下記ツイートもご参考に。

ということで、予防には麦茶や塩タブレット、飴が有効だそうです。

ちなみに自家製麦茶を作るときは水道水を煮沸させ、清潔な水差しにパックを入れ10分程度放置、軽くかき混ぜてから取り出すと美味しくつくれます。

とにかく水分補給が大切とのことですね。

出先でペットボトルを買いすぎると出費が増えてしまうので水筒を常備しておくのも良いでしょう。

おしゃれな水筒をあわせてご紹介します。

では。

【決定版】立川でおすすめの格安脱毛サロンランキング2018
このページでは立川にあるおすすめの格安脱毛サロンをランキング形式で紹介しています(2018年版)。 こんにちは。夏ですね。 夏になると薄着になり、露出の多い服を着る機会が増えてきますよね。 また、海などで水着になることもあるとおも...