「音楽配信サービスいろいろありすぎ問題」を解決!人気邦楽が一番多いサービスはこれだ。

映画・音楽

こんにちは、さいとう(@S41T0H)です。

はじめにひとこと言わせてください。

音楽配信サービス、多すぎ。

いぬ
いぬクン

そりゃみんなMusi● FM使うわ。

Apple MusicにSpotify、LINE Music、AWA、Amazon Music Unlimited、Google Play Music、うたパス、dヒッツ……。

世の中には数々の音楽配信サービスがあります。列挙すればキリがない。

んで、それぞれ配信されている楽曲が違うんですよね。アレにある曲はコレになかったり。

女性
女性

好きなアーティストの楽曲が配信されてないんだわ。

というわけで今回は、それぞれの音楽配信サービスでどんなアーティストの楽曲が配信されているのかを比較して、一番人気アーティストの楽曲が多いサービスを探ってみようと思います。そろそろ決着をつけよう。

スポンサーリンク

定額制音楽配信サービス、スペック比較。

では選手入場です。まずは表で簡単にスペック比較。月額は税込です。

サービス名 月額
(学割)
配信楽曲数(2018年5月現在
サービス開始年月
Apple Music 980円
480円
4,500万曲 2015年6月30日
Spotify 980円
480円
4,000万曲以上 2016年9月29日
LINE Music 960円
480円
4,500万曲 2015年6月11日
AWA 960円 4,500万曲 2015年5月27日
Amazon Music Unlimited 780円※1 4,000万曲以上 2017年11月8日
Google Play Music 980円 3,500万曲 2015年9月3日
うたパス 324円※2 非公開 2012年6月27日
dヒッツ 540円  非公開 2012年7月

※1プライム会員価格(年額7,800円)。Amazon Echoユーザーは380円、通常は980円。
※2シャッフル再生のみ。曲順再生をするにはMyうたプラス(月額540円)の登録が必要。

大本命Apple Music

今回の大本命、Apple Music。僕も愛用中。

あの天下のAppleが運営しているということで、期待大です。

特記すべきことは……特に無いですかね。

強いて言えばiCloudとの提携がしょっちゅうバグる。あとUIも使いづらい。

Spotify

クラブ系に強い印象のSpotify

オシャレなデザインと便利なUIが特徴。

国別チャート機能が便利なのでよくチェックしています。

LINE Music

天下のLINEによるLINE Music

LINEのプロフィールに音楽載せるためにとりあえずアプリを入れているという人も多いのでは。

ちょっと前までは邦楽にめっぽう弱いイメージでしたが、最近は頑張ってるよう。

AWA

国産音楽配信サービスの筆頭、日本参入の最古参AWA

CM効果相まって前までは音楽配信サービスといえばAWAでしたが、最近は押され気味のご様子。

国産サービスの実力はいかほどか。

Amazon Music Unlimited

ネットショッピングでおなじみ、Amazonが運営しているAmazon Music Unlimited

プライム特典のPrime Musicがあまりにも残念な出来で完全にストリーミング配信競争からは出遅れた印象でしたが、音楽のダウンロード販売で培ったノウハウと膨大なリソースでどう戦うか。見モノですね。

Google Play Music

GoogleのGoogle Play Music

テレビCMも打っていましたが価格設定・配信楽曲数ともに他のサービスに比べると見劣ります。

しかしGoogle Homeとの提携など活用の手段はまだまだ多そう。

Googleは好きなので個人的に頑張ってほしいサービスです。

うたパス

うたパス

auが運営するうたパス

携帯キャリアが運営するサービスということであまり脚光を浴びることはないですが、実力やいかに。

ちなみにうたパスに登録すると毎週火曜日にカラオケが1,200円引きになる「auチューズデイ」が使えたりしてオトクですね。

dヒッツ

dヒッツ

こちらも携帯キャリアが運営するドコモのdヒッツ

筆者はauケータイを利用しているため縁がなかったのですが、どうなんでしょうね。全くわかりません。

ちなみに配信楽曲数はうたパス、dヒッツともに非公開。まったくの未知数です。

スポンサーリンク

音楽配信サービス、人気邦楽アーティスト配信数ランキング!

さて各社出揃ったところでまもなく出走です。

今回は株式会社インプレスのニュースリリース「定額制音楽配信サービスの利用に関する調査結果 2018(PDF)」をもとに、「オリコン2017年度年間ヒットランキングアーティストトータルセールスTOP100」に掲載されているアーティストのうち、実際に配信されている割合で比較してみたいと思います。

dヒッツ(配信率79%)…月額324円(税込)
dヒッツ

ドコモが運営する音楽聴き放題サービス「dヒッツ」。ドコモ以外のユーザーも利用可能。初回31日間お試しアリ。配信アーティスト:星野源、 ゲスの極み乙女。 ゆず、コブクロ、UVERworld、サカナクション、Superfly、スピッツ、斉藤和義、アジカン、RADWIMPS、エレカシ、ジュディマリ、イエモン、フリッパーズ・ギター、オフコース、吉川晃司、ブルーハーツ、美空ひばり、渡辺美里、ピンク・レディーなど多数。

うたパス(配信率77%)…月額324円(税込)
うたパス

auが運営する音楽聴き放題サービス「うたパス」。利用できるのは原則auユーザーのみ。初回30日間お試しアリ。毎週火曜カラオケ1,200円引きの「auチューズデイ」も利用可能。配信アーティスト:宇多田ヒカル、星野源、ONE OK ROCK、秦基博、浜崎あゆみ、和楽器バンドなど多数。

AWA(配信率62%)…月額960円(税込)

サイバーエージェントとエイベックスの共同出資によるAWA。3ヵ月無料のお試し期間や月20時間まで再生できる無料プランなどが特徴。シチュエーションやジャンル別のプレイリスト機能があって、イイ感じの音楽を流しておくことも可能。また、アーティストが作成したプレイリストから音楽を聴くこともできる。オフラインで聴くことも可能。

ちなみにLINE Music、Apple Music、Google Play Musicが61%で同率4位、Amazon Music Unlimitedが59%で7位、Spotifyが56%で8位でした。

スポンサーリンク

まとめ

やはり国内アーティストの楽曲は国産サービスが強いんでしょうね。

なんと携帯キャリアによるサービスが首位となりました。意外。

ソニーとつながっているLINE Musicがトップだろう……。と思っていました。

女性
女性

もっと人気アーティストの曲を配信しろ!

と思っていた人は、ぜひdヒッツうたパスAWA を始めてみてはいかがでしょうか。

どれも無料体験ができますので、あなたの聴きたいアーティストが配信されているかチェックしてみてくださいね。

ではでは。

↓もっと詳しく知りたい方はこちら!

決定版!定額制音楽配信サービスまとめ【2018年版】|おすすめの音楽聴き放題サービスは?