【最新版】LINE Payの使い方、完全ガイド! キャッシュレスでいこう!

キャッシュレス

LINE Pay(ラインペイ)の決済手数料が2018年8月1日から最大3年間無料になることが発表されました。また、LINE Pay利用者のポイント還元率も最大5%となります。

この記事では、LINE Payが今後どのように便利に使えるか、LINE Payのおトクな使い方を紹介していきます。

スポンサーリンク

LINE Payの使い方を紹介。

これまで、日本でQRコード決済といえば楽天ペイ(旧・楽天スマートペイ)が先駆けでした。しかし店舗側決済手数料が高い(3%以上)ことから、小売店での普及にはいたっていません。

【予想】イベント物販では、あっという間に現金払いなんてできなくなります。
現金 vs. クレジット論争になると現金信者の方の口から必ずといっていいほど飛び出すのが、 いぬ イベントの物販では現金は必須。 という意見。 いやいやいや、イベント物販なんてまっさきに電子決済化されるよ...

そもそもQRコード決済って!?

なぜいま日本で「QRコード決済」が注目を集めているのか? (1/3)
LINEや楽天に加え、ドコモも参入することが決まった「QRコード決済」。国内3大メガバンクがQRコード決済で規格を統一するという報道もある。なぜ今、QRコード決済が注目を集めているのか。

中国ではすでにWeChat Pay(ウィチャットペイ、微信支付)やAlipay(アリペイ、支付宝)と呼ばれるQRコードによる電子決済が大きなシェアを占めています。

WeChatは中国のコミュニケーションアプリ(日本でいうLINE)、Alipayを運営しているAlibabaは通販サイト(Amazonのようなもの)です。

QRコード決済とは、スマートフォン上に表示されたQRコードを店舗側の機械で読み取る(または、店舗側に設置されたQRコードをお客さんのスマートフォンで読み取る)決済方法です。

LINE Payでも同様のQRコードによる支払いが可能です。

お使いのLINEアプリの一番右端のタブを開くとLINE Payを使うことができます。

スポンサーリンク

LINE Payには2種類の支払い方法がある!

LINE Payでは2018年7月現在、2種類の支払い方法で決済することができます。

一つは、LINE Payカードを使った「カード決済」、もう一つはLINEアプリを使う「QRコード決済」です。

LINE Payカードで支払う場合

LINE Payカードはアプリ上からめちゃくちゃ簡単に発行することができます。

LINE PayカードはJCBブランドのプリペイドカードなので、残高があるものはJCBに対応したクレジットカード決済に対応した多くの店舗で利用することができます(一部対応していない店舗もあるようです)。

LINEアプリと紐付いたLINE Payカードであれば、LINEアプリ上に表示された残高から支払うことができるので、LINE上で送金された残高やLINE上で銀行口座から入金した残高をカードで利用することができます。

注意点は「プリペイド」なので、残高がない場合は支払うことが出来ないこと。クレジットカード感覚で使うことは出来ません(使いすぎてしまう心配がないことはメリットですよね)・

QRコードで支払う場合

こちらは「LINE Pay決済」に対応した店舗でしかできませんが、スマホのみで決済することができます。

現状、ローソンやビッグエコー、金の蔵などで使うことができますが、今後マクドナルドや松屋でも導入されるとみられています。

LINE Pay
簡単で安全な決済のための新しいデジタルウォレット
スポンサーリンク

2018年はキャッシュレス決済元年になる?

LINE Payが決済手数料0円になることから、キャッシュレス決済への参入障壁はどんどん下がってきています。

日本でもこれからますますキャッシュレスが浸透する2018年は、まさに日本のキャッシュレス決済元年になるでしょう。

現金が使えない店舗、続々。
前回の記事とかでも書きましたが、現金が使えない店がどんどん増えているんです。 特に中国とかだと現金を出すと逆に驚かれるとか。 上記ツイートはさすがに誇張なような気もしますが、中国の電子決済の普及率は日本を遥かに上回ります。 現...