【速報】日本酒「獺祭(だっさい)」が豪雨で製造停止。価格高騰か。

トレンド
2018年7月7日現在、中国地方を中心に大雨による甚大な被害が出ています。被害を受けた方に心よりお見舞い申し上げます。対象地域にお住まいの方、どうか無理な行動は避け、安全の確保を最優先してください。

※寄附はクレジットカードやポイントからも可能です。詳しくは下記ページを御覧ください。

平成30年7月西日本豪雨被災地への義援金/支援金/寄付金窓口まとめ【Tポイント・LINEポイント・楽天ポイント】
中国・四国・近畿地方を中心に、西日本全域で梅雨前線による平成最悪の豪雨による洪水被害(水害)が出ています。ここでは、今回の豪雨被害に遭われた方々や地域に対してネット上で「銀行振り込み」「クレジットカード」「Tポイント」「LINEポイント」「楽天ポイント」で支援できるサービスをまとめています(随時追加予定)。

2018年7月の豪雨の影響で有名日本酒ブランド「獺祭(だっさい)」の蔵の一部が浸水、製造を停止したそうです。

海外でも人気の日本酒「獺祭」を造る旭酒造(山口県岩国市)は7日、豪雨の影響で蔵の一部が浸水するなどの被害を受けたため、獺祭の製造を停止した。復旧作業を急いでいるが、今のところ復旧のめどは立っていないという。

共同通信社「日本酒「獺祭」の蔵が浸水被害 山口の旭酒造、製造を停止」

2018年7月7日現在、復旧の目処が経っていないそう。

お酒の製造が停止されると価格が高騰することが予想されますので、早めに購入しておくことをおすすめします。

蔵元を応援するためにも、しっかりと正規価格で流通しているものを購入しましょう。

スポンサーリンク

お酒の製造が停止されると価格が高騰する。

サントリーが2018年5月に原酒の不足を原因に人気ウイスキー「白州12年」「響17年」の販売を休止したのは記憶にあたらしいでしょう。

サントリー:国産ウイスキー販売休止 「白州12年」「響17年」 - 毎日新聞
 サントリーホールディングス傘下の蒸留酒部門サントリースピリッツが、国産ウイスキーの主力製品の一部を販売休止することが15日分かった。ハイボール人気や海外での販売拡大で原酒が大幅に不足しているためだ。再開時期は未定としている。

販売休止を受け、現在両ウイスキーの価格はかなり高騰しています

白州12年の定価は8,500円ですが、現在の価格は……

響17年の定価は12,000円ですが、現在の価格は……

(現在の価格はAmazon商品ページで確認できます)

スポンサーリンク

価格が高騰する前に、獺祭(だっさい)を確保しておこう。

2018年7月7日現在、まだAmazonに獺祭の在庫はあるようです。

人気の銘柄ですので、すぐに在庫切れになってしまうことが予想されます。

獺祭ファンの方は、在庫があるうちに確保しておくのがいいかもしれません。

※転売目的での購入は厳禁です。自分で楽しむための分を、正規価格で購入しましょう。

獺祭は「磨き」によって値段が変わります。

商品リンクを下に貼っておきます。応援のためにも、価格が高騰する前に手に入れるといいでしょう。


平成30年7月西日本豪雨被災地への義援金/支援金/寄付金窓口まとめ【Tポイント・LINEポイント・楽天ポイント】
中国・四国・近畿地方を中心に、西日本全域で梅雨前線による平成最悪の豪雨による洪水被害(水害)が出ています。ここでは、今回の豪雨被害に遭われた方々や地域に対してネット上で「銀行振り込み」「クレジットカード」「Tポイント」「LINEポイント」「楽天ポイント」で支援できるサービスをまとめています(随時追加予定)。