「仮想通貨は儲からない」そう思っている「今」こそ稼ぎ時だという話。【2018年版】

ライフスタイル

仮想通貨、みなさん勝ってますか?

多くの方は負けていると思います。

仮想通貨で勝てない人はみな口を揃えて「仮想通貨は儲からない」「やめておけ」などと言います。

しかし、そういう人たちは市場原理をさっぱりわかっていません。

何を隠そう、仮想通貨を始めた頃の僕がそうでしたから。

でも今はわかります。

「仮想通貨は儲からない」と思っている「今」こそが稼ぎ時だということを。

どういうことなのかご説明します。

スポンサーリンク

「仮想通貨は儲かる!」と話題になったときに始めたら大損こきました。(実話)

「イナゴ」は危険。

誠にお恥ずかしい話なのですが、僕は「仮想通貨は儲かる!」という言説が最高潮に達した今年2018年1月に仮想通貨取引を始めました

その時に利用した取引所はbitFlyer(ビットフライヤー)

Coincheckに比べて本人確認の作業が簡単だったので選びました。

現在も日本円の入金はbitFlyerを利用しています。口座開設は無料で簡単なので是非。

仮想通貨に限らず投資全般に言える話なのですが、「儲かる!」と話題になるのって、つまり価格が上がり始めているってことなんですよね。

その上昇に飛びつこうとする(イナゴと呼びます)と、大抵失敗します

なぜなら、投資初心者は価格の天井の判断が出来ないから。

そう、そのころ、既に仮想通貨の価格はほとんど最高だったわけですね(実は仮想通貨の価格は毎年ほとんど同じ形で推移しています)。

みなさんもご存知の通り、その後仮想通貨の価格は軒並み下落。

10万円くらい投資したのがほとんど無価値になってしまいました(怖い怖い)。

めげずに底値でXEMとETHを仕込んだらなかなかいい感じに。

多くの人はこの失敗経験で「仮想通貨は儲からない!!」と言って投資をやめるわけです。

でも、僕は「いや、今こそチャンスかもしれない」と思い、Zaif「コイン積立」を始めました。

これが良い判断でした。

【関連記事(外部サイト)】

https://s.koya-sus.com/zaif-coin-tsumitate/

この頃Coincheck事件で価格が下落していたXEM(ネム)とETH(イーサ)という2種類の仮想通貨を2:8の割合で積み立て始めたわけです。

まだ積立途中ですが、現在16,666円買って22,594円まで上がっています(2018年4月30日)。

現時点での含み益は約6,000円。3月10日から買いはじめて約1ヵ月半で36%の増加率です。

大手メガバンクの普通預金の金利が0.001%ほどだと考えるとなんと3万6000倍の金利になっています。こいつはすげえや。

イケダハヤト氏風に言うと「まだ銀行にお金預けているの?」といったところです。

とりあえずまだ上がってくれると信じているので年末まで持ってようと思います。

スポンサーリンク

投資タイミングはイケていない時期がベスト。

仮想通貨にかかわらず株式や外国為替にも言えることなのですが、投資は「安い時(=需要が低い時)に買って、高い時(=需要が高まっている時)に売る」というのが基本です(FXでは「売り」からエントリーすることも可能ですが……)。

つまり、需要の低い時期に仕込んでおくと、これから先大きな利益を得ることも可能かもしれない、というわけです(もちろんこの先上がらない、という可能性もゼロではないですが)。

スポンサーリンク

銀行口座に貯金するくらいなら、コイン積立を。

Zaifでできるコイン積立の旨味は「テクニックが不要」ってことですよね。

なんせ、価格変動にかかわらず毎日同じ額を買い付けてくれるから。

というのも、投資ってムズカしいんですよ。

僕も大きく稼ぎたくてbitFlyerでビットコインFXをしてみたのですが、エントリーするタイミングを見るのが本当に難しい。

FXの知識があればチャートを分析して損失を最小限に抑えることもできるでしょうが、初心者のうちは難しいし、そこまで本気で取引したくもない。

小心者なのでちょっとでも思うように値動きしてくれなかったらすぐ損切りしてしまうので損していく一方になってしまう。

なので「どうせなら眠っている貯金を増やしたいけれど、リスクは負いたくない」という方にはZaifコイン積立が良いと思います。

数百円の手数料はかかりますが、それ以上の利益を出してくれると思いますよ。

積み立ては月1000円から可能ですが、やはり大きい金額を積み立てればそれだけリターンも大きいので、口座残高と相談して1年くらい操作できなくてもいいかな、と思える金額を積み立てていくと良いと思います。

スポンサーリンク

最後に

仮想通貨は「ブロックチェーン」と呼ばれる画期的な送金技術によって支えられる、まさに革新的な技術の賜物です。

また、僕が投資しているXEM(NEM)はマルチシグやモザイクといった高いセキュリティシステムによって支えられているし、ETH(イーサリアム)はスマートコントラクトやERCトークン、DAppsと呼ばれる高い拡張性を持つ仮想通貨です(厳密にはイーサリアム自体は仮想通貨ではありません)。

仮想通貨に投資する時は値動きだけを見て闇雲に投資するのではなく、そういったそれぞれの仮想通貨に関する知識を持っておくことが必要です。

そうすれば、どの仮想通貨が伸びてどの仮想通貨が消滅するかはなんとなく分かるようになりますので。